食材検査サービス

食品、調理品の食中毒菌を検査

食材検査サービスの目的

食材検査は、食中毒を防止するための手がかりとなる情報を得る手段のーつと位置づけられます。

食中毒が発生するには…

①食中毒菌によって食材が汚染される(1次汚染や2次汚染)

②食中毒が発症菌量まで増殖する

といった2つの要因があり、いずれも、原材料の選別・処理を含めた食材を扱う一連の工程の中で何らかの不備があることが原因になります。

ダスキン食材検査サービスは、多彩な検査項目で食品内の病原微生物の有無を測定するサービスです。

※検査結果が出るまでに約7日かかります。

料金

食材検査サービスA類 3,240円

・一般性菌類・大腸菌群・大腸菌・黄色ブドウ球菌・サルモネラ・腸炎ボブリオ・セレウス菌

食材検査サービスB類 6,480円

・ウェルシュ菌

食材検査サービスC類 9,720円

・腸管出血大腸菌・カンピロバクター

 

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%81%9b%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

ページ上部へ戻る